ようこそ、フォーラム色川のホームページへ

FrontPage

フォーラム色川からのお知らせ

講座 現代史を読む第83回
「ある昭和史」を読みながら現代を歩く

(第3回)

日時 2017年11月18日(土) 
開演 午後1時30分
開場 午後1時
参加費 500円

※色川先生はいらっしゃいません。
フォーラム色川スタッフがレポートを
行います。

会場 武蔵野スイングホール
スカイルーム 3(南棟10階)

JR 中央線・武藏境駅北口下車徒歩2分
または、北口の並びにあるnonowa口(Suica・Pasmo専用改札)から出ますと
道路を挟んで目の前にあるビルが会場の武藏野スイングホールです

主催 フォーラム色川

フォーラム色川では5月から、色川大吉先生の「ある昭和史」をテキストにして新たなテーマで講座をスタートさせました。
「ある昭和史」は、先生自身の足跡を綴りながら、同時代の全体状況を浮かびあがらせる試みがなされ、「自分史」という歴史叙述の方法をひろく提唱した名著です。
5月、7月と講座を進め、先月は先生の出身地である千葉県香取市佐原を訪れ、フィールドワークをおこないました。
今回の講座では、「ある昭和史」の中の「ある常民の足跡」という章を読みこんでいきまさす。
この章は「ふだん記」運動をひろめた橋本義夫さんのことが叙述されています。
12月9日(土)には、三鷹産業プラザで、
橋本さんのご子息である橋本鋼二さんをお招きして、お話を伺うことになりました。
そのお話を深く伺う為にも、今回の講座で橋本義夫さんの足跡をじっくり辿りたいと思います。
総選挙の結果も出ました。こんな時代だからこそ、「ひとりひとりの人生に向き合う」
「過去を振り返りつつ、現代をとらえる」ことを皆さんと一緒に試みたいと考えています。ご参加をお待ちしています。

☆今後のスケジュール
12月9日(土)
講座現代史を読む84回
開演 午後1時30分
開場   午後1時
会場  三鷹産業プラザ703会議室
(JR 三鷹駅南口下車 徒歩5分)

※この来月12月の講座では、橋本義夫さんのご子息である橋本鋼二さんをゲスト講師としてお招きします。
橋本鋼二さんは、今年の4月に義夫さんの足跡をまとめた「万人に文を 橋本義夫のふだん記に至る道程」(揺藍社)を発表されています。
この著作をベースに、鋼二さんから見た義夫さんのことなどを話していただく予定です。

※ご予約は不要です。

    
★フォーラム色川★連絡先    
電話 090-5770-7707 
(伊藤)

◆会費納入のお願い

今年度フォーラム色川の会費
(2017.4~2018.3 3000円)
納入をお願いします。

◆振り込み口座 ゆうちょ

口座記号00140-9
口座番号156360
加入者名 フォーラム色川

※フォーラム色川の運営については、
皆様からの年会費のみで
成り立っております。
ご協力いただけますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

a:41844 t:1 y:30

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional